TOP 活動報告 理念・政策 持論 プロフィール 事務所
水月会公式バナー
活動報告 - 国会活動

高額チケット転売に関する超党派会合

スポーツ、文化、芸能における高額チケット転売規制に向けて

宇崎竜童さん、夏木マリさん、MayJさん、Zeebraさんらアーティストの方々から、ファンを大切にしたいという熱い思いのもと、高額チケット転売規制を強く要望を頂きました。
ビデオコメント
藤井フミヤさん、サンプラザ中野さん、きゃりーぱみゅぱみゅさん、ゴスペラーズ村上さん、及川光博さん、織田信成さん、カンニング竹山さんらからもビデオコメントが披露されました。

国会活動 | 2018年04月16日    

朝食セミナー開催 ―「この国のかたち」―

石破先生を講師にお招きし、「この国のかたち」と題して講演をいただきました。

講演では、冒頭、政治家人生を振り返り、田中角栄元総理からの薫陶にも触れつつ、過去に総理になった方、総理になれなかった方、総理にならなった方のエピソードをお話しいただきました。
急速に進む人口減少は、国の三要素(領土、国民、統治機構)のうち、「国民」の存亡にかかわる話であり、喫緊に対応すべき課題との話がありました。
経済政策では、金融緩和を継続し、得られた猶予の中で、構造改革・規制緩和による競争力強化に触れつつ、特に「食、酒、伝統、ブランド、ファッション」、「インバウンド」を強化することの重要性を指摘されました。その中では、我が国の農産品、水産品、木材の潜在力を具体例を交えてお話いただきました。
また、公共事業について、道路や新幹線のミッシングリンクの解消、老朽化施設の維持・補修、防災対応が重要との話をいただきました。

安全保障については、法的な技術論ではなく、現実を直視した憲法論が必要との言及もありました。
いずれについても、戦後の成長期とは真逆の社会経済構造の変化が進む中、行政・政府への信頼が必要との鋭い指摘をいただきました。
全体を通じ、将来に向けた望遠鏡ともなる話の中で、我が国の未来を担う重責への覚悟と迫力を感じるお話でした。

ご多忙の中、早朝からたくさんの方々にお越しいただき、誠にありがとうございます。

国会活動 | 2018年04月13日    

欧州議会外務委員会議員団訪日

マカリスター委員長始め8名の議員団が来日。

日本EU友好議員連盟事務局長としてアテンド、小野寺防衛大臣、宮腰総理補佐官を表敬訪問し、日EU関係を取り巻く現状と課題について意見交換致しました。

国会活動 | 2018年04月04日    

平成30年度当初予算

事業個所が別添のとおり決定いたしました。
国会活動 | 2018年03月30日    

石破さん表敬

四国JCの皆さんと石破さん表敬!

国会活動 | 2018年03月28日    
メニュー
カテゴリー
 
アーカイブ