後藤田 正純 公式サイト
Gotoda Masazumi Officlal Website
自由民主党党員募集
後藤田正純後援会入会のご案内
後藤田 正純 | メンバー紹介 | 水月会-公式ウェブサイト
自民党
facebook
TOP▶活動報告
『組織の解散とともに闇に葬る』
『それを許してはいけない』
大会費用3兆円。維持費数十億円。
廃棄、改竄はもう許されない。

2015年当時この結末を予想し、菅官房長官や文科大臣にも問題提議をしていました。
スポーツビジネス界からも専門家として、アンダーアーマーJAPAN安田社長からも、世界のスポーツ施設の常識として、あり得ない設備投資だと忠告がなされていた。

『徳島記念オケ汚職』
同じようなケースが全国にもある。
徳島県『記念オーケストラ汚職』
現在、知事に対する刑事告発、民事もこれから予定されている。
絶対に闇に葬らせない。
■事務所開き
活動報告 | 2021年09月17日    

■自民党総裁選 河野太郎候補オンライン出陣式参加
活動報告 | 2021年09月17日    

■最終決戦 『党風一新‼️』『県政刷新‼️』
活動報告 | 2021年09月16日    

〝窓を開け、空気を入れ替え‘’
徳島、日本の新たな扉を開きます!
◎誰が徳島を守れるか
◎誰が徳島を変えれるか
◎誰に徳島の未来を託せるか
徳島を守る力、徳島の未来を描く力
誰にも負けない
【逃げ出す、投げ出す、放り出す】
県民に対する裏切りは絶対に許さない
コロナ禍の事務所開きは、ご挨拶は外で各代表のみ、対策をした上での開催。
事務所は、問屋町の繊維団地内。
■本日の石破氏の会見抜粋 『改革勢力の結集』
活動報告 | 2021年09月15日    
(冒頭)
自民党を変えてほしい、政治を変えてほしい。多くの国民の声に応えるために改革を志す勢力が二分することなく一致すべきだ。河野氏と改革の志が一致した。政治理念、国家に対する危機感、国家国民に対する使命感を共有した。自民党は国民政党だ。決して国会議員のものではない。自民党は党員党友のもので国民のものでなくてはならない。保守主義とは度量の広い修養なあたたかなものだ。保守とはイデオロギーではなく皇室を尊び祖先を敬い地域と地域の人々、伝統を大切にし異なる立場の人の声にも謙虚に耳を傾け己の考えが誤っていれば正していく、その寛容さを本質とする。これらは私の長年の思いで河野氏と共有した。
今回、若手議員の多くが勇気を持って立ち上がり、派閥の意向のみには従わない姿勢を明確に示していることは本当に素晴らしいことだ。我々は誰に忠誠を誓うべきなのか。主権者たる国民だ。国会議員という立場にしてくださった国民へのみ忠誠を誓うべきだ。国民の思いに近いのは若い議員だ。総裁選でそれぞれがその思いのもと勇気を持って行動されることを切に願う。新体制は挙党一致で正しいことを正しいと言い、間違っていることは間違っていると言える体制を確立し、全ての英知を結集できる挙党体制を仕立てにいかねばならない。国民の思いに応える新しい自民党を多くの皆様方と共に作っていくべく力を尽くしていく。
(質疑)
Q:小泉氏の考えへの所見は
A:小泉大臣のお考えについて私も昨日の横須賀の会見を映像で拝見した。小泉大臣が、誰々がこう言ったから許せない、それは組織としてどうなんだ、という発言があった。誰と誰を支持するが誰はだめだと理由を開示せずに選択肢を絞ることはどうなんだ、というご発言をしておられた。私はそういうものだと思う。今回の総裁選はそれぞれに自らの責任を負い、主権者に恥ずべきことがないかどうか。我々を国会議員という立場にしてくれているのはそういう方々だ。そういう方々に真摯に向き合おうという小泉大臣の姿勢は私がかねてから思っているもので、強く共鳴し、思いを共有する。
Q:水月会の今後は
A:来る総選挙に向けて水月会所属で立候補する方、それぞれ厳しい状況だ。今までのような追い風ではない。同志が残らず当選するように全身全霊を尽くすのが私の使命だ。その暁に自民党がどうなっているかわからない。私は会長を退くと申し上げた。政策をきちんと議論する、本来の政策集団であるべきだと。同志の選挙は全力でお互い支え合う集団体系だという一致をみた。これから先も続いていくと心から念願している。
以上
前のページへ |活動報告トップへ| 次のページへ