後藤田 正純 公式サイト
Gotoda Masazumi Officlal Website
後藤田 正純 | メンバー紹介 | 水月会-公式ウェブサイト
自民党
facebook
TOP▶活動報告
道路占有許可基準を緩和します!
■県南那賀川流域10万人超地域の治水事業
活動報告 | 2020年07月06日    
長年の間、日頃は目立ちにくいが、国の事業として地道にやってきました。
進行中の事業も安全に完成を目指し、災害に備えて参ります。

県、市町村においては、さらに避難経路確保と万が一の遠隔診療体制、避難所の空調等整備を、何よりも優先して頂きたい。
■昨日の雨
活動報告 | 2020年07月06日    
写真は徳島県阿南市、那賀川と午尾の滝。
昨晩の雨で水量も多く濁っています。
今後の気象状況にはご注意ください。
■医療も政治も一筋に! 『早期発見・早期治療』
活動報告 | 2020年07月05日    

コロナ禍において、病院や検診を避けがちな、忘れがちな皆さん!

ガン予防検診を、今一度認識して頂けたらと思います。

ガンの専門医である実兄には、いろいろ患者さんの相談をしてもらってきたが、つまるところ、『正確な技術による』早期発見・早期治療。『test.test.test』

病院嫌いだから、行かないとか、検査しないとか、結局大変な状況になってから診察するケースをたくさん見てきたからこそ。

政治も、見逃しや手遅れにならないように、誰かが常にクラクションを鳴らすこと、『早期発見・早期治療』を発信し続けなければならない。

生命を守るためには、医療も政治も見逃しやミスは許されないが故に、声をあげ続けて、一筋に中途半端にやってはならない。

■【オリジナル格言シリーズ】
活動報告 | 2020年07月04日    
クラクションを鳴らすとたまに怒られることがある
事故を未然に防ぐことを嫌がる人達がいる

権力に沈黙するメディアと議会は、クラクションもブレーキも壊れた車と同じだ

国民、県民が乗る車を修理して、しっかり運転することが、民主主義である

国民、県民は、もっと躊躇なくクラクションを鳴らすべきだ
前のページへ |活動報告トップへ| 次のページへ