後藤田 正純 公式サイト
Gotoda Masazumi Officlal Website
後藤田 正純 | メンバー紹介 | 水月会-公式ウェブサイト
自民党
facebook
TOP▶活動報告-2018年8月 -2018年8月
■「公正」でない総裁選
活動報告 | 2018年08月30日    
総裁選まで忖度??
石破氏は公正を貫き通す!
正々堂々政策議論を!

最近、日本って、民主主義国家だったかな?と疑問を感じることがある。
この度の総裁選は、皮肉にもその争点が、民主主義とは何か、道義や正義とは何か、という様相になってきている。
自民党員が国民を代表できるかを期待したい。

3年に一度の総裁選途中に外遊、議論の土俵に乗らないなんて。
相撲の世界では休場であり、横綱ならば引退。

公開討論は2回だけ。
街頭演説は持ち時間15分。
候補者本人は緊急性ない外遊。
自民党都道府県連の総裁選への公平中立は無視。
などなど。
これで、日本の、一国の総理が決まってしまうとは、国民や党員、メディアは怒らない方が不思議だ。

自民党員を増やそうと号令をかけておきながら、
政策議論を自民党員聞いてもらい判断をしてもらう機会を最小化するとは、党員も冒涜している。一方で、総理官邸に急に地方議員を呼び出し、総裁選に利用する姿を見て、とても情けなく残念でならない。

石破氏には、公正で正直な政策議論を最後まで貫き通して、党員、国民の皆さんに、国民主権、自由主義とは何なのか、道義と正義とは何なのかを問い直して欲しい。
そして、日本の政治指導者のあるべき姿を、公正と正義を示して頂きたい。
■国民が最も嫌う意図的な偏重記事
活動報告 | 2018年08月30日    
権力者の「排除」発言からの凋落を思い出す。。。
安倍首相に偏りすぎの新聞が
つぶす?冷や飯?死ぬ?
総理をよいしょしてるつもりが、総理にはマイナス。。。

日本を私物化してるかのような、民主主義を否定するかのごとき記事を大手新聞が堂々と書く時代になっている。

大手新聞からこのような常軌を逸した記事が出れば出るほど、国民は、政治とメディアの蜜月を嫌うし、高圧的非民主主義に憎悪を抱く。

石破茂に民主主義を取り戻して欲しいと!やっぱり石破だと!

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180828-00000529-san-pol
■静岡県浜松にて
活動報告 | 2018年08月30日    
全国に広がる地方党員の大応援!
竹内よしのり県議会議員
石破茂氏を招き盛大な会合!

竹内県議のキャッチフレーズは
「真っ向主張」
しっかりと理念や政策で石破氏を支援する地方議員、地方党員はたくさんいる!
国会議員票と党員票がどう出るか
議会制民主主義のあり方、政治家のあり方が問われる総裁選だ!
■石破茂総裁選政策発表会見!
活動報告 | 2018年08月27日    
物凄い数のマスコミ、TVカメラ!
総裁選の注目が、さらに高まり、日本国がより豊かに、より平和な国家に向けた意義深い議論がなされることが重要である。

安倍首相6年間がさらに3年間、無投票で白紙委任されることなく、石破茂氏が、開かれた総裁選に出て、さらなる政策の練磨議論がなされることは、自民党にとっても、何より国家国家にとって意義は大変大きい。


■日中友好と貿易交渉
活動報告 | 2018年08月25日    
米中貿易が日本経済に与える影響は少なくない。
また日米貿易交渉についても、これからが大事。
前のページへ |活動報告トップへ| 次のページへ